背中のお灸

鍼灸師になるための方法と行うべき対策

肩こりや腰痛を始めとした疾患を治すための職業には鍼灸師がありますが、あん摩マッサージ指圧師も外せない職になります。鍼や灸を使ったものとマッサージによるもの、その施術方法も効果を発揮するメカニズムも全く異なると言って良いほどに違うものですが、患者の身体のメンテナンスや治療を行うという面では共通しています。そのため、人によっては混同しやすい職業だとも考えられます。では、この2つの職業になる方法に関してはどのような差が現れるのでしょうか。それぞれのなり方と資格を同時に取るメリットについてお話していきます。鍼灸師になるためには、はり師ときゅう師という2つの資格を取得する必要があります。どちらかだけを受けることもできますが、鍼灸師を目指すうえではどちらの資格も取っておくのが一般的です。はり師ときゅう師はどちらも国家資格ですから、まず受験するための資格を得なければなりません。厚生労働省や文部科学省によって認可されている養成学校で、最低3年間は修業することが受験資格の条件ですので、学校に通うのが必要不可欠となります。学校での養成過程を経た後、卒業試験を受け、それに合格できて初めてはり師ときゅう師の国家試験を受験することができます。専門学校の入試は通常であれば容易に合格できる程度のレベルです。鍼灸の専門学校の増加により、それに対する入学希望者の数が足りないため、学校側が希望者を積極的に受け入れる姿勢にあります。そのため、一般的な教養さえ身に付けていれば特に問題視する必要はありません。国家試験に関しても学校での勉強や実習に真面目に取り組めば、特別難易度の高い分野というわけではありません。学校で習った知識をきちんと習得したうえで試験に臨めば合格に近づけるでしょう。

更新情報

ニュース一覧